Since 609~2021

お石茶屋|和食店

お石茶屋|和食店

お石茶屋は、境内エリア最奥にある和食店です。焼きたての梅ヶ枝餅やランチメニューも充実。店外の飲食スペースの風情が素晴らしいです。

>すぐに店舗情報をチェック

太宰府天満宮の境内エリアで梅ヶ枝餅の食べ歩き!『お石茶屋』

明治から大正のころ、筑前三美人の一人といわれたお石さんがはじめた茶店がこちら。

お石茶屋|和食店

今でいえば、ミス筑前のようなポジションだった一人の女性からこのお店ははじまりました。

その女性の名は”お石さん”。

お石茶屋ものがたりのスタートです。

 

何となく、30~40年前まで見かけることのできた木像の校舎のような、大正ロマンを彷彿とされる建物に木漏れ日が差し込みます。

お石茶屋|和食店

 

周辺でも有名なパワースポット、天開稲荷社への道中にあるので、こちらで焼きあがる梅ヶ枝餅の食べ歩きも乙なものですね。

お石茶屋|和食店

結構な坂道をグネグネと登っていきます。

今回は体力がないので、次回また・・・

お石茶屋|和食店

といいながら、やっぱりもう少し登ってみましたが・・・

結局、今回はここまでで断念します。

 

お石茶屋の梅ヶ枝餅

  • 梅ヶ枝餅 1個 130円

ひとくち食べると、お石さんが築いた味が、いまに残っている気がしました。

 

[st-cmemo myclass=”st-text-guide st-text-guide-sankou” fontawesome=”fa-quote-left” iconcolor=”#919191″ bgcolor=”#fafafa” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””] お石茶屋から天開稲荷社まで徒歩約4分。

[/st-cmemo]

次は、お石茶屋のランチメニューについてご紹介します。

 

太宰府天満宮の境内エリアでお得にランチ!『お石茶屋』

ランチタイムが楽しくなる!お石茶屋のランチメニュー!

お石茶屋|和食店

「お腹が空いた時間にたまたまお石茶屋が目に付いた。」

中にはそんな人もいるでしょうが、最近ではけっこうお石茶屋を目指してくるお客さまも多いのだとか。

 

太宰府天満宮にお参りするのが主な目的ではなくて、境内の四季折々花木や自然を楽しむ、そんなお客さまが増えていて、太宰府駐車センターなどの正面からではなく、天満宮の横辺りにあるパーキングに車を停めて、人通りを避けるように境内エリアの入るそうです。

 

一度、お石茶屋の解放感に触れると、病みつきになってしまうのかも知れませんね。

そういう方は、どちらかといえば、男性客の方が多いのかも?

 

筑前三美人の一人、お石さんの魔力でしょうか?

 

太宰府天満宮の境内エリアにあるお石茶屋の幻想的な風景がスゴイ!

まるで別世界!森林の中にぽっかりと浮き上がるように存在するオープンスペース。

お石茶屋|和食店

お石茶屋の一番おすすめのポイントは、このオープンスペースです。

注文した商品を、木々に覆われた幻想的なこの空間で、純和風のこのお座敷で食べる。

 

特に、晴れた日のお石茶屋は素晴らしい。

最高のぜいたくです。

 

たくさんの人が感動とともにツイートしているようです。

 

お石茶屋 まとめ

筑前三美人の一人に数えられたお石さん。

一体どんな女性だったんでしょうか?

 

そんな100年前の人を想像しながら、そして、少し羨ましい気持ちでお石茶屋を楽しむ人々を写真に収めました。

 

店舗名 お石茶屋
ジャンル 和食店
問合せ TEL:092-922-4045
MAP 〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4丁目7−43
URL https://m.facebook.com/oishichaya
営業時間
・定休日
営業時間 10時30分~16時30分
定休日  不定休
(コロナの影響で営業時間が変更になる可能性があります。)
お石茶屋
092-922-4045

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です