Since 609~2021

寿し栄|すし

和食の筆頭ともいえる本格的なお寿司を、令和発祥の地・太宰府で味わうことができます。暖簾をくぐればそこは上質で洗練された和の空間です。

>すぐに店舗情報をチェック

太宰府で寿司ランチを食べるなら『寿し栄のお昼の限定メニュー』

太宰府で、本格的なお寿司を、しかもリーズナブルな価格で食べられる!

画像:寿し栄|お昼の限定メニュー

11-14時限定
お昼の限定メニュー

  • まぐろ丼 1380円(税込)
  • 寿しランチ 1880円(税込)
  • ミニ会席 3000円(税込)
  • 天ざるうどん 1100円(税込)
  • 天ざるうどんとちらし寿司のセット 1380円(税込)
  • 天ざるうどんとにぎり寿司のセット 1940円(税込)
  • etc

ランチの時間帯は11時から14時までの3時間限定です。

 

太宰府エリアでお寿司なら『寿し栄』で。出前やテイクアウトも充実!

すべて店内で手作りされたお料理。食材は大将の目利きで厳選して。

画像:寿し栄|天拝(てんぱい)

ネタの鮮度はもちろんのこと、シャリの大きさや食材の配置や色合いなども妥協のない大将の性格がうかがえます。

 

画像:寿し栄|会席一例

主役のお寿司だけじゃないんです。

小鉢やお吸い物にも季節感ある食材を盛り込んであり、昔からの常連さんも足しげく通う理由がわかります。

ときどき髷(マゲ)を結った大きな後姿をカウンターで見かけることがありますが、お相撲さんも普通に訪れてます。

 

寿し栄・大将の想い

小鳥居小路を盛り上げたいという一心で

以前、大将を取材したときに、おっしゃってました。

『小鳥居小路を盛り上げたい。そのために、妥協のない寿司を握りつづけます』

 

さいふうどんの大将は、この寿し栄さんのすぐ近くだからなのか、おっしゃっている内容は同じように聞こえます。

SNSなどでテクニックを使って集めたお客様よりも、これまで通ってくれているお客様をとにかく大切にすること。

インバウンドで太宰府天満宮の参道が賑わっていたころ、寿し栄から地域住民向けの案内ハガキが届いていました。
❝チラシ❞ではありません。1枚数十円するであろう❝ハガキ❞で届きました。

外国からの一時的なお客様に、一喜一憂しない。
ただ目の前のお客様に全力を尽くす、そんな覚悟を感じたものです。

 

寿し栄 まとめ

気軽に行ける回転寿司がおおいに盛り上がっている時代です。

冷蔵ケースの中にある魚の目の色を見て鮮度を確かめながら、「大将、これちょうだい!」みたいなやりとりは、古いのでしょうか?

夜行けば、決して安いと感じないと思います。

でもときどき、寿し栄のような「凛とした」お店にいって、自分を洗いなおしたい、そんな風に小さくうなずいたものです。

 

店舗名 寿し栄
ジャンル すし
問合せ TEL:092-922-3089
MAP 〒818-0117 福岡県太宰府市宰府3丁目3−6
URL https://sushiei.net/ Da・zaifu(ダ・ザイフ)|太宰府市 太宰府天満宮 周辺エリアの情報サイト
営業時間
・定休日
営業時間
月曜日 11時00分~14時00分, 17時00分~21時30分
火曜日 11時00分~14時00分, 16時00分~18時00分
木曜日 11時00分~14時00分, 17時00分~21時30分
金曜日 11時00分~14時00分, 17時00分~21時30分
土曜日 11時00分~14時00分, 17時00分~21時30分
日曜日 11時00分~14時00分, 17時00分~21時30分
定休日 水曜日
(コロナの影響で営業時間が変更になる可能性があります。)
寿し栄
 092-922-3089

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です